• HOME
  • 製品情報
  • トレーニング
  • 資料請求
  • カタログダウンロード

製品情報

MSスペクトルデータマイニング SpectralWorks

分析装置のメーカを選ばないデータ処理が可能なツールです。独自アルゴリズムによって、従来のソフトウェアでは追加情報を必要とした不明瞭な組成の検出をデコンボリューション解析機能を搭載することで可能にしました。


SpectralWorks製品
  • AnalyzerPro
  • RemotoAnalyzer
  • MatrixAnalyzer
  • AspectAnalyzer
  • TargetAnalyzer
  • XCalibur To NetCDF
  • Xport
製品特徴
AnalyzerPro
AnalyzerProはMSスペクトル用のデータマイニング・ソフトウェアです。質量分析装置のメーカを選ばないデータ処理ツールです。独自アルゴリズムによって、従来のソフトウェアでは追加情報を必要とした不明瞭な組成の検出を、デコンボリューション解析機能を搭載することによって可能にしました。





RemoteAnalyzer
複数のMSメーカの装置をサポートするオープン・アクセス・ソリューションです。WEBベースの利用し易いシステムは、どのメーカの装置が使用されているに関わらずサンプルを取得することが出来ます。分析者は、一貫したユーザ・インターフェースを使ってデータの処理結果をレビューすることができます。現在、ThermoFisher, Waters, Agilent, Perkin Elmer, Varian, SCIEX/ABIをサポートしています。MasCom社のソフトウェアが稼動する機器にも統合することが出来ます。また、他の機器/ソフトウェアとも必要に応じて統合することが出来ます(別途費用が発生することがありますのでご相談ください)。
RemoteAnalyzerには、AnalyzerProのシングルライセンスと、1台のMS装置との接続が含まれています。





MatrixAnalyzer
複数サンプルを同時に扱うことで迅速かつ正確な比較が行え、主要なサンプル交換決定の支援をいたします。相対的変動は、内部インジェクション標準を含むことによって決定できます。アプリケーションは多くの異なるデータファイルを通じて傾向と変化を探索する多くの"OMICS"を含んでいます。MatrixAnalyzerはAnalyzerProに含まれる機能です。

AspectAnalyzer
得られたデータファイルからMassデータと同様にアナログ・チャンネルの処理が可能です。どんなアナログ・チャンネルも処理可能ですが、アナログ・チャンネルは通常GC/MSのFID検出器やLC/MSのUV検出器において利用されています。定量的なデータは内部標準を含むFIDもしくはUVデータチャンネルに由来しており、このことは関連するMS解析によって与えられた定性的情報に連携します。これらの機能の適用分野は、香料関連会社ではGC/MS-SNIFFデータ処理による嗅覚ポートの利用が考えられます。また、合成化学や製薬エリアにおけるFIDやUV純度解析とMSとの統合的な利用も可能です。AspectAnalyzerはAnalyzerProのプラグインツールとなります。

TargetAnalyzer
TargetAnalyzerは、ターゲットとなる成分分析と、クロマトグラフ分離が無いループインジェクションの比率を元にした内部標準を実行できるスタンドアロン・アプリケーションです。レポートは、通常で認められた範囲外で結果をハイライトするように構成することができます。現在はXcaliburのデータファイルのみがサポートされています。

Xcalibur to NetCDF
XCaliburでは、NetCDFへの完全な変換が不可となっております。このスタンドアローン・アプリケーションは、XCaliburのacquisition filterを個別のNetCDFファイルに分割したり組み合わせたりすることが出来るため、他のソフトウェアでのデータ利用が行えます。特にAMDISの利用には便利です。

Xport
XCaliburは、Excelで利用しやすいようなフォーマットで定量結果をエクスポートできません。XPortは、XCaliburから定量結果を得ることができ、Microsoft Excelにデータをエクスポートすることが可能です。エクスポートのフィールドやフォーマットは、必要に応じて分析者が設定できます。これは、LabWingからWingReportへ利用可能にする機能です。

評価版のご利用
お問い合わせ先:
info-science@infocom.co.jp


参考


稼働環境
AnalyzerPro 5.x は下記のPC環境で利用することができます。
・OS: Windows 7, 8/8.1, 10の32ビット、および、64ビット 
 ただし、本製品は64bitネイティブ対応していません。
・CPU: 上記Windowsが稼働するCPU
・メモリ: 2GB以上
・HDD: 1GB以上の空き容量
・ディスプレイ: 1440 x 900以上の解像度
 これ以下の解像度でも使えますが、ボタンが縮小して表示されることがあります。
・マイクロソフト.NET Framework 4.5以降
 ※通常、Windows UpdateでOSを最新にしていれば、インストールされています。または、マイクロソフトのダウンロードセンターで検索し、インストールして頂けます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/download


製品に関するお問い合わせ・資料請求はこちら

お問い合わせ/資料請求